トップへ » はじめての方へ » 痛みの少ない治療 » 痛くない麻酔注射への取り組み

痛くない麻酔注射への取り組み

痛みの少ない治療歯を削るときの痛みを和らげるために、麻酔注射を使います。しかし多くの方が、針を刺したときの"チクッ"とした痛みや、薬を注入するときの違和感が苦痛だと言います。

当院では、麻酔に伴う苦痛を軽減するためにさまざまな工夫をしています。麻酔注射前の表面麻酔や電動麻酔器を使用したハード面での取り組み。注射前のお声がけなどメンタル面でも配慮しています。多くの方が「痛くない」とおっしゃっていますので、痛みに敏感な方でもご安心ください。

針を刺したときの痛みを抑える表面麻酔
麻酔注射を打つ前に表面麻酔を使用します。表面麻酔はジェル状の麻酔薬のこと。針を刺す部位の粘膜に直接塗布します。しばらくすると痺れてきますので、針を刺したときの"チクッ"とした痛みをほとんど感じません。

電動麻酔器の使用
さらに、薬を注入するときの痛みや不快感をできるだけ抑えるために、電動麻酔器を使用しています。違和感の少ない麻酔注射のコツは、ゆっくりの速度と一定の圧力で薬を注入すること。

電動麻酔器を使うと、速度と圧力が一定に保たれますので、薬を入れるときの違和感が軽減されます。また、メロディーつきの電動麻酔器も用意しています。愉快な音が流れてくると、恐怖心が強い方でも怖がらずに麻酔を受けています。

お声がけで緊張を和ませます
緊張していると筋肉が固くなり、針を刺したときの痛みが強くなります。患者さんの緊張感が伝わってきますので、気持ちをほぐすために、一声かけてから麻酔注射を始めます。「チクッとするけど痛くないからね」。そんな、くすっと笑えるような言葉をかけますので、患者さんの多くは「気が付いたら麻酔が終わっていた」とおっしゃっています。


トップへ » はじめての方へ » 痛みの少ない治療 » 痛くない麻酔注射への取り組み



TOPへ