トップへ » 院長・スタッフのご紹介 » 患者さんのお口が、勝手に喋り出す!

患者さんのお口が、勝手に喋り出す!

院長あいさつ長年診療を続けていると、患者さんがお口を開けた途端に、何をしなければならないのかが伝わってきます。それは、まるで歯が勝手に喋り出すかのよう。お口の中に汚れが溜まっていると、「お手入れをサボっとったから、歯みがきの仕方を教えてやってや」と語り出し、ブラッシング指導を訴えてきます。

私たち歯科医師は、歯を守るために治療や予防処置を施しますが、その後も長持ちさせるには、やはりご自身の努力が欠かせません。それには、毎日の歯みがきが重要です。当院では、ブラッシング指導をとおして予防の大切さをお伝えしています。お口の中の状態が安定するまでご指導いたしますので、ご自分の手で大切な歯を守りましょう。


トップへ » 院長・スタッフのご紹介 » 患者さんのお口が、勝手に喋り出す!



TOPへ