トップへ » 診療科目と料金 » 虫歯治療

健康生活をサポートする虫歯治療

虫歯治療

虫歯の治療には、症状によって幾通りもの処置があります。患者さんごとに症状が異なりますので、どういうコンセプトで治療を進めるのか考えなければ、適切な処置ができません。当院では、患者さんの健康生活をサポートするために、どのような処置が必要なのかを考え、一人ひとりに合わせた診療を行っています。

患者さんが訴えていることを丁寧に伺い、その状態を確認します。お口全体を総合的に診断し、患者さんの要望を取り入れた目標を設定いたします。一つひとつ相談しながら決めていきますので、遠慮なくご相談ください。

患者さんの気持ちに寄り添ったカウンセリング

カウンセリングどんなに素晴らしい治療をしても、患者さんのご要望にそぐわなければ、必ず後悔が残ります。当院では、カウンセリングを重視し、患者さんに寄り添った治療を行っています。

カウンセリングでは、患者さんの要望を丁寧に伺い、必要な治療方法をご説明いたします。治療方法は複数ありますので、それぞれのメリット・デメリットをお伝えし、患者さんのライフスタイルに合わせた治療をご提案いたします。治療方法などについてのご希望がありましたら、カウンセリング時にお話しください。できるだけご要望を考慮した治療をいたします。

カウンセリングの詳細はこちら

痛みの少ない治療

痛みの少ない治療治療中に痛みがあると、それだけで大きなストレスがかかります。中には、痛みが嫌で歯医者さん嫌いになってしまう方も。当院では、麻酔注射を使った痛みの少ない治療に取り組んでいます。

麻酔注射を刺すときの"チクッ"した痛みを軽減するための表面麻酔や、薬を注入するときの速度や圧力が一定の電動麻酔器を使用。また、患者さんの緊張をほぐすために、麻酔を始める前に、「チクッとしますよ」と、必ず一声かけます。万全の痛み対策を取っていますので、痛みに敏感な方でもご安心ください。

痛みの少ない治療の詳細はこちら

できるだけ削らない治療

できるだけ削らない治療虫歯になった歯は、悪い部分を取り除かなければ、どんどん悪くなっていきます。しかし、一度削ってしまうと、二度と元の状態に戻りません。歯を長持ちさせるには、できるだけ削る量を少なくする必要があります。

当院の基本方針は、できるだけ削らない治療です。虫歯の状態を診た上で、今削る必要があるのかを判断します。初期段階の虫歯の場合は、定期検診で経過を観察し、少し大きくなった段階で削ります。治療をする上で大切なことは、お口の中全体を長持ちさせることです。将来を見据えた長期的な治療で、患者さんの大切な歯をお守りします。

虫歯の進行状態と具体的な治療方法

虫歯の進行は『Co』から『C4』の5段階に分かれています。最近では、ごく初期の虫歯(Co)であれば、歯を削らずに経過を観察し、再石灰化を促す治療も行われるようになりました。

Co(シーオー:初期う触)Co
歯が溶け始めたばかりの初期の虫歯です。まだ、穴が空いたり、黒くなったりしていません。この段階でしたら、フッ素入りの歯磨き剤で歯みがきをすれば、エナメル質の再石灰化が可能です。

C1(エナメル質う触)C1
虫歯菌により歯の表面を覆っているエナメル質が溶かされ、小さな穴ができている状態です。しかし、象牙質まで達していないため、痛みはありません。この段階から治療が必要となり、虫歯菌に感染した部分を最低限削り取り、保険適用の白い詰め物をして終了します。

C2(象牙質う触)C2
エナメル質の下にある象牙質にまで虫歯が達した状態です。この段階では、冷たいものや甘いものがしみるようになり、触れると痛みを感じます。治療は、小さな虫歯の場合は保険適用の白い詰め物を入れて終わりです。虫歯が奥まで広がっている場合は、麻酔をかけて削って薬を入れ、詰め物を入れて終了します。

C3(神経まで達したう触)C3
エナメル質と象牙質を溶かして、虫歯が神経にまで達した状態です。激しい痛みを伴います。神経が壊死すると根の外で炎症を起こし、膿が出たり、歯ぐきが大きく腫れたりします。この段階になると、根の治療(根管治療)が必要です。麻酔をかけて神経や膿を取り除き、根の中の汚れを完全に除去したあとに、被せ物を装着して終了します。

C4(残根状態)C4
ほとんどの歯が溶かされ、根だけが残っている状態です。この段階では治療が難しく、多くの場合抜歯となります。歯質が残っている場合は治療が可能ですが、根管治療をしたあとに被せ物を装着して終わります。

歯みがき習慣は、虫歯予防の最短の近道

虫歯予防虫歯になってしまったとき、なぜできてしまったのかを考えたことはありますか?さまざまな理由がありますが、その多くが歯みがきをうまくできていない、ということではないでしょうか。歯と歯の間、歯肉との境目、奥歯などは、しっかり磨いているつもりでも食物が残りがちです。

歯みがきのコツを身につければ、口腔内環境を快適に保つことができます。歯みがきが苦手な方には、ブラッシング指導をおすすめします。歯みがきのコツを覚えて、大切な歯をご自身で守りましょう!


トップへ » 診療科目と料金 » 虫歯治療



TOPへ