トップへ » 診療科目と料金 » 義歯(入れ歯)

噛み合わせを考えた「噛める入れ歯」

入れ歯治療

「食事をするとき、痛くて噛めない」
「話すときに空気がもれて話しづらい」
「食べ物が入れ歯と上あごの隙間に入って痛い」
「入れ歯が目立ってイヤ」

このような、入れ歯の悩みでお困りの方はいませんか?入れ歯のトラブルで多いのが、痛い・噛めない・ずれるといった問題です。

装着中、入れ歯が不自然に動くと、顎骨が吸収されて骨が痩せてしまう恐れがあります。安定した入れ歯は、噛み合わせたときに上あごが下あごにぴったりと治まります。上の歯と下の歯がしっかり噛み合いますので、ズレやガタつきがありません。

当院の入れ歯のコンセプトは、しっかり噛み合うズレない入れ歯です。もちろん見た目も大切ですが、最も重要なのは噛み合わせです。患者さんにピッタリ合った使いやすい入れ歯をお作りしますので、入れ歯でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

安定した入れ歯のポイント

噛みやすい位置に高さを調整入れ歯治療
入れ歯を作るときに重要となるのが、噛み合わせたときの高さの調整です。どの位置で高さを調整するかによって、噛み心地や装着感が変わってきます。当院では、噛みやすさを重視していますので、最も噛みやすい位置で入れ歯の高さを調整します。

噛んだ状態で印象を取る
天然の歯と比べると、入れ歯は噛みしめたときに深く沈みます。そのため、残っている歯に負担がかかり、噛み心地が悪くなりがちです。入れ歯の沈みをできるだけ抑えるために、噛んだ状態で歯型を取ります。

納得できる入れ歯に仕上げるために

入れ歯治療入れ歯を初めて作るときは、誰でも不安に思うもの。当院では、患者さんが納得できる入れ歯をお作りするために、カウンセリングを重視しています。現在の口腔内の状態をしっかり説明し、ご要望を伺い、患者さんと相談しながら方針を考えます。小さな気遣いとサポートを心がけておりますので、何なりとご相談ください。

原因の説明と細やかなアドバイス
入れ歯を作る前の不安を解消するために、きめ細かなアドバイスを行っています。たとえば、装着中のズレやがたつき、なぜ入れ歯が不安定になるのかが理解できなければ、いつまでたっても問題が解消しません。入れ歯を受け入れて快適に使えるよう、きちんと原因を説明し、扱い方を指導いたします。

また食べ物を噛むときは、前歯でなく奥歯で噛むと全体に力が加わりますので安定します。小さなプラスが積み重なれば、入れ歯が信頼できるようになります。まずは、入れ歯を装着することから始めましょう。

当院がおすすめする入れ歯
当院では、保険が適用できる入れ歯から自費でお作りするものまで、複数の種類を取り揃えています。それぞれに特徴がありますので、メリット・デメリットをきちんと説明し、お口の状態やご要望・ご予算に合わせた、最適な入れ歯をご提案いたします。

当院の入れ歯メニュー

部分入れ歯【コーヌスクローネ】当院の入れ歯メニュー
バネを一切使わず、入れ歯と歯がぴったりと合うように設計された、二重構造のはめ込み式の入れ歯です。歯と一体になっているので、入れ歯がぐらつかずにしっかりとした噛み心地を味わうことができます。また、取り外しができるので、食後の歯みがきが簡単にでき、残っている歯が虫歯になりにくい入れ歯です。

部分入れ歯【ノンクラスプ・デンチャー】当院の入れ歯メニュー
ノンクラスプデンチャーは、樹脂素材でできている入れ歯で、金属バネの代わりに樹脂素材で固定するので審美性にも優れています。軽くてやわらかく、装着時の違和感がほとんどありません。また、歯を根本から支えるため、歯への負担が軽減されます。金属バネを一切使用していませんので、目立ちにくく、装着していてもほとんど気づかれません。

部分入れ歯【金属床】当院の入れ歯メニュー
上あごと密着する部分が、金属でできている入れ歯です。床部分が薄いため、違和感がほとんどありません。また、熱伝導率が高く、食べ物の冷たさや温かさが伝わり、食事を美味しくいただくことができます。

総入れ歯【コバルトクロム合金】当院の入れ歯メニュー
床部分にコバルトクロム合金を使った入れ歯で、強度に優れ、厚みや違和感が少ない入れ歯です。金属の中では比較的コストを抑えることができます。金属の中でも金属アレルギーが少ない素材ですが、金属アレルギー体質の方は、医師とご相談の上お使いください。

総入れ歯【チタン合金】当院の入れ歯メニュー
床部分にチタンを使った入れ歯で、非常に軽く、その重さはコバルトクロムの入れ歯の4分の1程度です。しかも強度を保ちつつも薄く、より違和感が少なく仕上がります。合金の中でも金属アレルギーが非常に少ない素材です。

総入れ歯【プラチナ(白金加金)】当院の入れ歯メニュー
床部分にプラチナ(白金加金)を使った入れ歯で、使い心地のいい入れ歯です。チタンほどの固さがないので馴染みがよく、装着感が優れています。ただし、金属の中では最も重いので、費用負担がかさみます。金属アレルギーが少ない素材です。


トップへ » 診療科目と料金 » 義歯(入れ歯)



TOPへ