2010年4月 « トップへ » 2014年2月

2012年6月29日

審美歯科(クラウン・インレー)の費用

項目 イメージ 内容 価格(税抜)
白い歯
(セラミック)
オールセラミックインレー つめる(インレー)
・ハイブリッドインレー
・セラミックインレー
1箇所 28,572円~
オールセラミック かぶせる(クラウン)
・メタルボンド
・オールセラミッククラウン
1本 85,000円~
金歯
(ゴールド)
ゴールドインレー つめる(インレー)
・ゴールドインレー
1箇所 10,000円~
ゴールドクラウン かぶせる(クラウン)
・ゴールドクラウン
1本 60,000円~
ブリッジ セラミックブリッジ セラミックブリッジ 白いクラウン×本数
ゴールドブリッジ 金歯ブリッジ 金のクラウン×本数

入れ歯の費用

項目 イメージ 内容 価格(税抜)
部分入れ歯 金属床(部分入れ歯) 金属床(バネ式) 1床 150,000円~
コーヌスクローネ コーヌスクローネ 1床 250,000円~
金属床総入れ歯 コバルトクロム合金 コバルトクロム合金 片顎 150,000円
チタン合金 チタン合金 片顎 290,000円
白金加金 白金加金 片顎 500,000円

※金属床の総入れ歯に限り、特定療養費として約45,000円の保険が適用されます。実際には各々の金額からその分を差し引いた額になります。

ホワイトニングの費用

ソフトタイプの歯型わく(トレー)を作り、その中にホワイトニング材をつけてご自宅で2時間装着します。治療期間は約2週間が基本です。
項目 イメージ 内容 価格(税抜)
ホームホワイトニング ホームホワイトニング 初診料 5,000円
診査料・歯面清掃 5,000円
トレー作成・ホワイトニング材含む 上下(6前歯)30,000円
片側のみ 20,000円

口腔内清掃

項目 イメージ 内容 価格(税抜)
口腔内清掃 PMTC 歯石・ヤニ取り 5,000円~

口腔がん検診・口腔健診の費用

死亡率の高い「口腔がん」から、皆さまをお守りするために、早期発見のできる装置を導入 し「口腔がん検診」を開始いたしました。

口腔がんは進行してしまうと非常に悲惨ながんです。舌や顎を切り取るような手術になり、術後の生活に大きな影響を与えてしまいます。

ぜひ、1年に1度は、早期発見可能な「口腔がん検診」を受診してください。

項目 イメージ 内容 価格(税抜)
口腔がん検診 PMTC 初診+一般検査(歯周病、虫歯)+口腔がん検診 8,000円
メンテナンス中の患者さま 口腔がん検診のみ 5,000円

お支払い方法

当院では、現金のお取り扱いのみとなっております。

デンタルローン
お取扱いしておりません。

クレジットカード
お取扱いしておりません。

インプラントなどの自由診療では、健康保険は使えませんが高額治療費は医療費控除の対象になります。

医療費控除について


「 小原歯科医院 」では、患者様にさまざまな治療の選択肢をご提示したいと考えており、保険診療、自費診療ともにご用意しています。

保険診療・・・健康保険が適用される治療
自費(自由)診療・・・保険外の自費で行う治療

診察・診断後、治療に入る前に、患者様の口腔内に最適だと判断した治療内容について丁寧にご説明しており、その際には料金についても明確にご提示しています。

料金に関してご不明な点があれば、些細なことでもお気軽にお尋ねください。

受付

受付

受付ではスタッフが笑顔で応対いたします。ご予約の相談から治療中の疑問・質問など、どうぞお気軽にお尋ねください。また、歯ブラシなどのデンタルグッズを販売しております。虫歯予防に役立ててください。

待合室

待合室

待合室玄関には殺菌されたスリッパを置いておりますのでお履き替えください。待合室に置かれている各種雑誌やウォーターサーバーはご自由に利用できます。

診療室

診療室

診療室患者さんのプライバシーに配慮して、ユニットはパーテーションで仕切っております。各ユニットにモニターを設置。患者さんのお口の中の写真を映しながらご説明することで、分かりやすい治療案内ができるよう心がけております。
常に気持ちよく使用していただくために、感染対策や滅菌には細心の注意を払っています。

ブラッシングスペース

ブラッシングスペース

診療前後の歯磨きやお化粧直しができるよう、当院ではブラッシングスペースを完備しています。備え付けのケアグッズはご自由に利用ください。

デジタルレントゲン

デジタルレントゲン

胸のレントゲンなどを撮るのに比べ、歯は面積が小さいので被曝量はほとんどありません。加えて、デジタルレントゲンを使用することによって、その被曝量をさらに約1/5程度にまで削減することができます。

また、デジタル操作により撮影画像を拡大することができるため、綿密な治療計画を立てることができます。

感染対策

感染対策感染対策感染対策

治療において、忘れてはならないのが感染対策です。昨今、病院などでの院内感染が問題になっています。残念ながら日本は、ヨーロッパなどの欧米圏に比べ感染への意識がまだまだ低いのが現状です。

当院では手袋やコップ、エプロンまで、可能な限りディスポーサブル(使い捨て)を徹底しています。また、高圧蒸気滅菌器、紫外線滅菌器などの各種滅菌機器にて滅菌処理を行っておりますので、ご年配の方から小さなお子さままで安心して治療を受けて頂けます。


2010年4月 « トップへ » 2014年2月



TOPへ