トップへ » 診療科目と料金 » 歯周病治療

歯周病は歯が抜け落ちる恐ろしい病気

歯周病

「歯ぐきから血が出る」「歯肉が腫れている」「お口が臭い」こうした症状でお悩みの方はいませんか?もしかしたら、歯周病に感染しているかもしれません。

歯周病の原因は歯周病菌です。歯垢が石灰化すると歯石に変わり、歯周ポケット(歯と歯肉の間に溝ができた溝)に歯垢や歯石が溜まって細菌が繁殖します。細菌によって歯肉が炎症を起こすと、さらに歯周ポケット内部にまで広がって、歯根膜や歯槽骨が溶かされていきます。やがて歯がぐらつき始め、最終的に歯を失ってしまいます。

歯周病の恐ろしさは、初期段階の自覚症状がほとんどないこと。ゆっくりと進行していくため、歯ぐきの腫れや出血など、症状が現れたときにはかなり進行していることが多く、手遅れというケースも少なくありません。大切な歯を歯周病から守るためにも、定期検診を受けて、早期発見・早期治療を心がけましょう。

歯周病の進行と予防

初期歯周病初期歯周病
歯の根元に歯垢や歯石が少し付着した状態ですが、自覚症状はほとんどありません。この段階では、クリーニングとブラッシング指導で回復できます。

軽度歯肉病(歯周炎)軽度歯肉病
歯と歯肉の間の溝(歯周ポケット)に歯石や歯垢が溜まり、細菌が繁殖して歯肉炎症が起きている状態です。症状として、歯肉が赤く腫れあがる、歯を磨くと出血する、などがみられますが、歯のぐらつきはありません。治療はブラッシング指導と数回の歯のクリーニングで、短期間で回復できます。

中等度歯周病中等度歯周病
炎症が歯の周囲にも広がり、赤く腫れあがった状態です。症状としては、出血、きつい口臭、朝起きたときの不快感などがあります。さらに歯周ポケットが深くなるため、歯肉の後退が進み、歯がぐらつき始めます。治療は麻酔をして行い、歯周ポケットの深部に付着している歯石を取り除きます。なお、歯周ポケットの深さが4mm以上ある場合は、歯周外科の処置が適用されます。

重度歯周病重度歯周病
さらに炎症が進み、歯肉が真っ赤に晴れあがって化膿している状態です。この段階になると骨の後退が進み、歯を支えきれずに大きくぐらつき、かなり深刻化しています。通常の治療の適用が難しいときは、歯周外科で処置します。それでも治療困難な場合は、残念ながら抜歯となります。

いちばんの歯周病対策は、しっかり予防すること!

歯周病治療歯周病のいちばんの治療は「予防」です。生活習慣病とも言える病気ですので、歯みがきをしっかり行い、食事のバランスを整えることで、歯周病が防げます。また、数か月に一度の定期検診や、本格的な歯のクリーニング「PMTC」を受ければ、お口の中の環境を安定した状態に保つことができます。セルフコントロールとプロフェッショナルなメインテナンスで、歯周病を防ぎましょう。

毎日の歯みがきが歯周病予防のファーストステップ
歯周病予防の最も簡単で効果的な方法が、毎日の歯みがきです。歯ブラシを丁寧に動かし、届きにくい奥歯までしっかり磨きましょう。また、きれいに磨いたつもりでも、歯と歯の間や歯肉との境目に食物が残っています。1日1回でよいので、デンタルフロスや歯間ブラシを使って食物残渣を落とせばさらに効果的です。食後のエチケットとして、しっかり「食べたら歯みがき」習慣を身につけましょう。

妊娠中の歯周病が胎児に与える悪影響

歯周病治療妊娠中はホルモンバランスが崩れるため、歯周病にかかりやすい時期です。妊婦の3~7割が妊娠性歯周炎にかかっていると言われています。妊娠中の歯周病は、胎児にも影響を与え兼ねません。アメリカのノースカロライナ大学では「妊娠中の歯周病は、早産や未熟児を出産する可能性が高まる」とした研究結果を発表しています。

妊娠してから慌てる前に、普段から歯みがき、定期検診を受けて、歯周病予防を心がけましょう。また、出産後は子育てが忙しくなるため、ご自分のことが後回しになりがちです。妊娠中に定期検診を受けて、歯周病の早期発見・治療に心がけてください。

当院の歯周病治療

【ブラッシング指導】しっかり歯を磨く歯周病治療
歯周病を防ぐいちばんの近道は、毎日の歯みがきです。とはいえ、歯ブラシがうまくあたらないと食物が残り、虫歯や歯周病の原因に。当院では、歯ブラシの持ち方や動かし方を練習しながら、今まで毛先が届かなかった場所や見えない場所がまるで見えるようにイメージでき、食物残渣なく磨けるように、イメージトレーニングしながらその人に合った歯みがき指導を行っています。

【スケーリング】歯周病の原因を根こそぎ断つ!歯周病治療
歯の表面にこびりついている歯垢や歯石を、スケーラー(専用器具)で除去する処置です。歯の表面を滑らかにすることで、虫歯や歯周病の原因となるプラークの付着を防いでくれます。なお、歯石は一度除去しても食物残渣があると時間の経過とともに歯垢、歯石と変化して再付着しますので、定期的にスケーリングを受けて、お口の中を清潔に保つように心がけましょう。

【スケーリング・ルートプレ―ニング(SRP)】歯の表面を滑らかにする歯周病治療
歯根の表面の歯垢・歯石などを除去し、表面を滑らかにする治療方法です。歯石の表面がザラザラしているとプラークが付着しやすく、付着したプラークが落ちにくくなるので、この処置によってプラークが付きにくい状態にし、歯周病を改善します。

【フラップ法(FOP)】歯周ポケット内部の汚れを徹底的に摂り除く
比較的重度の歯周病に対して行われる手術で、歯の根に付着した汚れを直接取り除きます。手術では、歯肉を切開して歯槽骨から剥がし、歯根に付着したプラークや歯石を直接取り除きます。さらに、歯槽骨の清掃やダメージを受けた歯肉などの組織を除去したあと、歯肉を元の状態に戻します。

【GBR法(骨組織誘導再生法)】骨を再生して歯肉を改善
歯周病によって失われた骨を再生させる治療方法です。GTR法と同様の方法で歯槽骨や歯根膜が回復するスペースを保持。歯肉が再生したあとに、歯槽骨がゆっくりと回復してきます。特に、広範囲での再生が必要な方に適した治療法ですが、歯肉が再生した後にメンブレンを取り除く必要があるため、再手術を伴います。


トップへ » 診療科目と料金 » 歯周病治療



TOPへ