トップへ » 診療科目と料金 » 審美歯科・ホワイトニング

白い歯で健康的な美しさを手に入れる

審美歯科

「歯のくすみや黄ばみが気になる」
「奥歯の銀歯を白くしたい」
「歯の大きさを揃えたい」

こうした歯の色や形で悩んでいる方はいませんか。最近では、口元を美しく見せるために審美歯科治療を受ける方が増えています。審美歯科とは、白くて美しい歯を作る、歯の美しさを重視した治療法です。

歯にくすみや黄ばみがあると、それだけで暗い印象を与えがちです。逆に、白くてきれいな歯の人は、快活で明るいイメージがあります。口元の美しさが、その人の印象を決めるといっても過言ではありません。

審美歯科治療で口元が美しくなると、笑顔が増えて表情が生き生きとし、若々しく見えます。また、見た目だけでなく自信も与えてくれるので、どんどん素敵に変わっていきます。審美歯科治療で、健康的な美しさと若々しさを手に入れてください。

歯周病が改善してから、人工歯や詰め物を入れる

審美歯科審美歯科治療は、見た目の美しさだけでなく、いかに長持ちできるかが求められます。特に、歯肉が腫れていると歯型がきれいに取れません。また、人工歯(詰め物や被せ物)を入れたときに隙間ができてしまい、そこから細菌に感染する恐れがあります。

当院では、長持ちさせる治療のために、歯肉の状態が改善してから歯型を取ります。治療前に歯周病検査を行い、必要に応じて歯のクリーニングを行います。歯肉が安定してから歯型を取るので、人工歯を被せたときの隙間がなくなり、歯を長持ちさせることができます。

歯の色、顔立ちを踏まえた美しさをご提供

審美歯科当院では「オールセラミックス」「メタルボンド」「ラミネートベニア」など、さまざまな素材を取り扱っています。いずれも審美性・耐久性に優れていますが、中でもオールセラミックスは、天然の歯と遜色のない自然な美しさがあり、特に若い方には人気があります。

歯の色や形だけでなく、お顔立ちや口元全体も考慮した上で、その方に合った素材をご提案いたします。

全体のバランスを考えたより自然で違和感のない色
人工歯(詰め物や被せ物)を仕上げる際に、いちばん神経を使うのが大きさや色・形です。その歯だけが大きかったり白すぎたりすると、お口全体のバランスが崩れ、浮いてしまいます。

当院では、お口全体のバランスを大切にしていますので、全体の歯の色や形に合わせた人工歯をご提供しています。特に色を決める際は、全体の歯の色とシェードガイド(色見本)とを照らし合わせながら決定しますので、より自然で美しく仕上がります。

当院の審美歯科メニュー

【オールセラミック】天然の歯と遜色のない美しさを再現当院の審美歯科メニュー
セラミック(陶器)を素材にした人工歯です。審美性に優れ、天然歯に近いより自然な色合いを再現します。金属を一切使っていませんので、金属アレルギーがある方も安心してお使いいただけます。歯ぎしりや噛み合わせが強い方の場合、歯肉に負担がかかる恐れがありので、事前にご相談ください。

自然な白さと優れた強度【メタルボンド】当院の審美歯科メニュー
表に見える部分は白いセラミックスで、内側は金属でできている人工歯です。セラミックスを焼き付けていますので自然な美しさと白さがありますが、オールセラミックの美しさにはやや劣ります。金属で裏打ちしていますので強度があり、前歯から奥歯までほぼすべての歯に使用できます。なお、金属アレルギーを起こす恐れがありますので、事前にご相談ください。

歯を削らずに美しく見せる【ラミネートベニア】当院の審美歯科メニュー
天然歯に近い色の板状の薄いセラミックスで、歯の表面を薄く削った上に貼り付けて使用します。大きなダメージを与えることなく、歯の色や形、詰め物の変色などを解消することができます。歯肉との境目や歯の色、透明度は天然歯に近く、より自然な仕上がりです。

削らずに歯を白くするホワイトニング

ホワイトニング

歯のくすみや黄ばみは、歯みがきや本格的な歯のクリーニング「PMTC」では落とすことができません。これまでは表面を削って白くしていましたが、歯を痛めてしまいます。歯にダメージを与えない最も効果的な方法が、ホワイトニング治療です。

ホワイトニングは、薬剤の力で歯を白くする方法で、ホワイトニング剤を歯の表面に塗り、内側に浸透させて白くする治療法です。スケーリングやPMTCでは落とし切れない黄ばみやくすみ、タバコや飲食物の着色汚れまできれいに落ち、施術後は、ツヤのある自然な白さを取り戻すことができます。

ホワイトニングの種類には、次の3種類があります。

●オフィスホワイトニング : 歯科医院で処置し、1~2回で白くなる
●ホームホワイトニング  : 時間や場所を選ばず、ゆっくり効果が現れる
●デュアルホワイトニング : ホームとオフィスを併用し、後戻りが少ない

それぞれ特徴がありますので、ライフスタイルやご都合に合わせた治療法をお選びください。なお、時間の経過とともに元の色に戻ることがありますので、複数の治療法を併用することで、より効果が高まります。

ホワイトニング次へホワイトニング

<ホワイトニングのメリット>
・歯を削らずに白くすることができる
・お好みの白さに加減できる

<ホワイトニングのデメリット>
・時間が経過すると元の色に戻るので、定期的な施術が必要
・ホワイトニング剤が歯にしみる

当院では、数回の処置でツヤのある白さにする「ホームホワイトニング」をご提供しています。

当院のホワイトニング

自宅にいながら歯を白くする【ホームホワイトニング】ホワイトニング
場所や時間を選ばずにできるホワイトニングです。ご自宅にいながらできますので、忙しくて通院できない方に適しています。ホワイトニングジェルを入れたマウスピースを装着して過ごすだけで歯が白くなります。

当院では刺激の少ないGC社のホワイトニング剤を使用しています。歯にダメージを与えることなく、ゆるやかに浸透していきますので、ツヤのある自然な白さを取り戻すことができます。効果は2週間程度で現れ、使用期間を変えることで、好みの白さに調整できます。比較的、後戻りが少ないと言えるでしょう。

GCホームホワイトニングについて

神経を失った歯を白くする【ウォーキングブリーチ】
ウォーキングブリーチとは、虫歯などで神経がなくなった歯(失活菌)を白くする治療法です。歯の中に高濃度の漂白剤を入れると、薬剤が歯の内側の色素に直接作用して白くなります。歯の外側から白くするホワイトニングに比べて、よりホワイトニング効果が高く、より自然に仕上ります。神経を取ってしまったからホワイトニングができないと諦める前に、一度ご相談ください。


トップへ » 診療科目と料金 » 審美歯科・ホワイトニング



TOPへ