トップへ » 診療科目と料金 » 根管治療

大切な歯を守るための「根管治療」

根管治療

「治療した歯がしみる」
「歯が激しく痛む」
「神経を取った歯が痛い」
「歯ぐきが腫れてきた」

歯を治療して数年経ってから、痛みや腫れを訴えたことはありませんか?これは、歯の神経が壊死したため、根の先に膿がたまって歯ぐきが腫れたため。かなり深刻化しているので、治療が困難なばかりか状態によっては歯を抜かなければなりません。こうした重篤化した歯を残すための処置が根管治療です。

大切な歯を守るためには努力を惜しみません。根管治療は、重篤化した歯を残すことができる、最後の砦です。抜歯しかないと言われた歯でも残せる可能性がありますので、諦めずにご相談ください。

徹底した根管処置で歯を守る根管治療
歯の根の先は複雑に分かれているため、根管治療は難易度の高い治療です。しかも肉眼で確認することができないため、根気と集中力がなければ確実な処置ができません。当院では、治療に集中するために、根管治療を行うときはほかの診療を入れません。

院長とアシスタントの2人態勢を組み、場合によっては、お口の中の唾液や汚れを吸い取るバキューム担当スタッフも加わります。万全の診療体制と確実な処置で、大切な歯をお守りいたします。

定期的なメインテナンスで治療後も安定した状態を保つ
根管治療のあと、根の状態が変化することがあります。痛みや腫れがなければ、気付かずにさらに悪化します。安定した状態を保つためにも、定期検診をおすすめしています。定期検診では、レントゲンで根の先の状態を確認し、必要に応じて処置をします。

また、お口全体の環境も整えますので、虫歯や歯周病の早期発見・治療につながります。定期検診を受けて、治療した歯を長持ちさせましょう。

治療中の事故を防ぐためにラバーダムを使用

根管治療治療中は狭いお口の中で、手用の待ち針様ドリルを使ったり、劇薬を使ったりします。だから誤嚥、誤飲をしないように、また、口唇、舌を傷つけないように、当院ではラバーダム(薄いゴムシート)を装着して根管治療を施します。

ラバーダムとは、汚れや薬をガードするフィルム状のやわらかいゴムで、歯にかけて使用するものです。ラバーダムのおかげで薬がほかの部分に付着したり、粘膜を傷つけたりすることも防いでくれますので、治療の成功率が格段に高まります。ラバーダムは、根管治療において必要不可欠と言えます。

根管治療の流れ

根管治療の流れ根管治療の処置は、歯の神経が生きていたり死んでいたりなど、状態により治療手順や通院期間が異なります。なお、処置時に痛みが発現すると予測できる場合は治療前に麻酔をかけますので、処置中の痛みはほとんどありません。

【STEP1】歯の表面の虫歯部分を、器具を使って除去する
次へ
【STEP2】根管部分の治療がしやすいように、神経スペースに穴をあける
次へ
【STEP3】リーマーという器具を使い、歯の根の感染した部分を除去する
     ※この際、必要があれば、抜髄(ばつずい)という神経を取る処理をします。
次へ
【STEP4】電気器具を使って電気的に根管の長さを測定する
次へ
【STEP5】根管の先まで薬を詰めて炎症を鎮め、ばい菌が入らないように根管を封鎖する
次へ
【STEP6】根管治療後の歯は、症例により詰め物・被せ物を取り付ける


トップへ » 診療科目と料金 » 根管治療



TOPへ