トップへ » 診療科目と料金 » 小児歯科

お子さまが安心して通える歯医者さん

小児歯科

「消毒薬の臭いがイヤ」
「歯を削るときのキーンという音が怖い」
「不安で1人で診察室に入れない」

お子さまの心はとても敏感で繊細です。診察室に入った途端、キーンと響く機器の音を聞いただけで体が強ばり、泣き出してしまいます。あまりの怖さに、口を堅く結んでしまい診察させてくれないお子さまも少なくありません。

当院は、お子さまが安心して通える歯医者です。お子さまの自主性を大切にし、不安や恐怖心を与えないように、温かい気持ちで接しています。通院するのが楽しくなるように院内環境を整えていますので、安心してお任せください。

お子さまの自主性を大切にします
小児歯科はお子さまが主役。当院では、お子さまの自主性を大切にしています。まれに、不安で泣き出してしまう子がいますが、嫌がるお子さまを押さえつけての治療はしません。慣れないお子さまには、歯みがきの練習から始めるのでご安心ください。大きくお口を開けられるようになってから治療を始めます。

無理やり治療すると、歯医者嫌いにさせてしまうだけでなく、怪我や事故にもつながり危険です。温かい気持ちでお子さまを見守っていますので、安心して治療を受けてください。

しっかり褒めて、歯医者好きなお子さまに!小児歯科
お子さまは、褒められるとどんどん自信がつくもの。当院では、どんな些細なことでも、お子さまをしっかり褒めます。

たとえば「こんにちは!」と元気な声で挨拶したとき、自分から大きな口を開けてくれたとき、治療が終わり「ありがとうございました」とお礼を言った。スタッフはすかさず「よくできたね!」と、褒めてあげます。

ほとんどのお子さまは、歯医者が苦手です。けれども、褒められることで不安や恐怖心が薄らぎ、通院しているうちに治療に前向きになります。どんな些細なことでもよいので、ご家族の方も家に戻ってから、たくさん褒めてあげましょう。

予防して、虫歯のないお子さまに育てましょう

小児歯科虫歯のないお子さまに育てるには、予防がいちばんの近道です。永久歯に生え変わる頃までに、歯みがきの習慣を身につけましょう。とはいえ、小さなお子さまは、歯ブラシを上手に動かせずに磨き残しができてしまいます。最後の仕上げはご家族の方が手伝ってあげてください。

この仕上げ磨きが大切で、親の言うことを聞いてくれる小学校5、6年生まで(永久歯が生え揃ったときには)、ご家族の方が呪文のように"奥歯でも前歯でも頬っぺた側でも舌側でも、歯と歯の間、歯と歯ぐきの境目だよ"と言って磨いてあげてください。そうすればお子さまは、歯ブラシとフロスを併用して食物残渣なく磨ける習慣を身に付けることができるようになるでしょう。ご家庭で歯みがきの勘所を教育しましょう。

当院では正しい歯みがきの仕方が身につく、ブラッシング指導を行っています。歯ブラシの動かし方や力の入れ方、磨きにくい場所の磨き方などを指導していますので、お気軽にご来院ください。なお、歯の健康は食事と密接な関わりがあります。噛み応えのある食べ物やバランスの取れた食事は丈夫な歯を作りますので、食生活にも心がけてください。

定期検診にぜひお越しください
お子さまの歯はやわらかくて虫歯になりやすい特徴があります。虫歯を作らないためには、日頃から口腔内環境や生活習慣を整えておくことが大切です。

当院では、お子さまの歯を守るために、半年に一度の定期検診をおすすめしています。定期検診は、お子さまの歯の状態を確認して、必要に応じた処置をいたします。仕上げに歯質を強化するためのフッ素を塗布しますので、虫歯になりにくい歯を作ります。万が一虫歯があっても、早期発見・早期治療ができますので、怖がらずに治療が受けられます。

当院の小児歯科治療

正しい歯みがき法を身につける【ブラッシング指導】当院の小児歯科治療
お子さまが一人で歯みがきができるようになったら、正しい歯みがきの仕方を覚えましょう。当院では、身につけたら一生役に立つブラッシング指導を行っています。歯ブラシの握り方から動かし方、磨き残しのチェックまで、正しい歯みがきの仕方をレクチャーいたします。ご家族の方にも指導できますので、ぜひ一緒にご参加ください。

虫歯になりにくい歯をつくる【フッ素塗布】当院の小児歯科治療
フッ素には、歯質を強化し、歯の再石灰化を促し、虫歯の進行を抑える効果があります。市販のフッ素を配合した歯磨き剤や洗口剤などがありますが、中でも最も効果的と言えるのが歯科医院で行うフッ素塗布です。高濃度のフッ素を直接歯に塗布しますので、3~4か月ほど効果が持続します。虫歯を作らないためにも、3か月に一度の定期的なフッ素塗布をおすすめしています。

奥歯を虫歯から守る【シーラント】当院の小児歯科治療
お子さまの歯はやわらかく、特に奥歯は溝が深くて汚れが溜まりやすく、虫歯になりやすい場所です。そこで、奥歯の溝に蓋をしてしまえば、虫歯を防ぐことができます。当院では、白いプラスチックで奥歯の溝を保護するシーラントという予防歯科治療を行っています。


トップへ » 診療科目と料金 » 小児歯科



TOPへ