トップへ » 診療科目と料金 » 歯周病治療 » 歯周病の進行と予防

歯周病の進行と予防

初期歯周病初期歯周病
歯の根元に歯垢や歯石が少し付着した状態ですが、自覚症状はほとんどありません。この段階では、クリーニングとブラッシング指導で回復できます。

軽度歯肉病(歯周炎)軽度歯肉病
歯と歯肉の間の溝(歯周ポケット)に歯石や歯垢が溜まり、細菌が繁殖して歯肉炎症が起きている状態です。症状として、歯肉が赤く腫れあがる、歯を磨くと出血する、などがみられますが、歯のぐらつきはありません。治療はブラッシング指導と数回の歯のクリーニングで、短期間で回復できます。

中等度歯周病中等度歯周病
炎症が歯の周囲にも広がり、赤く腫れあがった状態です。症状としては、出血、きつい口臭、朝起きたときの不快感などがあります。さらに歯周ポケットが深くなるため、歯肉の後退が進み、歯がぐらつき始めます。治療は麻酔をして行い、歯周ポケットの深部に付着している歯石を取り除きます。なお、歯周ポケットの深さが4mm以上ある場合は、歯周外科の処置が適用されます。

重度歯周病重度歯周病
さらに炎症が進み、歯肉が真っ赤に晴れあがって化膿している状態です。この段階になると骨の後退が進み、歯を支えきれずに大きくぐらつき、かなり深刻化しています。通常の治療の適用が難しいときは、歯周外科で処置します。それでも治療困難な場合は、残念ながら抜歯となります。


トップへ » 診療科目と料金 » 歯周病治療 » 歯周病の進行と予防



TOPへ