トップへ » 診療科目と料金 » 審美歯科・ホワイトニング » 歯周病が改善してから、人工歯や詰め物を入れる

歯周病が改善してから、人工歯や詰め物を入れる

審美歯科審美歯科治療は、見た目の美しさだけでなく、いかに長持ちできるかが求められます。特に、歯肉が腫れていると歯型がきれいに取れません。また、人工歯(詰め物や被せ物)を入れたときに隙間ができてしまい、そこから細菌に感染する恐れがあります。

当院では、長持ちさせる治療のために、歯肉の状態が改善してから歯型を取ります。治療前に歯周病検査を行い、必要に応じて歯のクリーニングを行います。歯肉が安定してから歯型を取るので、人工歯を被せたときの隙間がなくなり、歯を長持ちさせることができます。


トップへ » 診療科目と料金 » 審美歯科・ホワイトニング » 歯周病が改善してから、人工歯や詰め物を入れる



TOPへ