トップへ » 診療科目と料金 » 根管治療 » 根管治療の流れ

根管治療の流れ

根管治療の流れ根管治療の処置は、歯の神経が生きていたり死んでいたりなど、状態により治療手順や通院期間が異なります。なお、処置時に痛みが発現すると予測できる場合は治療前に麻酔をかけますので、処置中の痛みはほとんどありません。

【STEP1】歯の表面の虫歯部分を、器具を使って除去する
次へ
【STEP2】根管部分の治療がしやすいように、神経スペースに穴をあける
次へ
【STEP3】リーマーという器具を使い、歯の根の感染した部分を除去する
     ※この際、必要があれば、抜髄(ばつずい)という神経を取る処理をします。
次へ
【STEP4】電気器具を使って電気的に根管の長さを測定する
次へ
【STEP5】根管の先まで薬を詰めて炎症を鎮め、ばい菌が入らないように根管を封鎖する
次へ
【STEP6】根管治療後の歯は、症例により詰め物・被せ物を取り付ける


トップへ » 診療科目と料金 » 根管治療 » 根管治療の流れ



TOPへ