トップへ » 診療科目と料金 » 根管治療 » 治療中の事故を防ぐためにラバーダムを使用

治療中の事故を防ぐためにラバーダムを使用

根管治療治療中は狭いお口の中で、手用の待ち針様ドリルを使ったり、劇薬を使ったりします。だから誤嚥、誤飲をしないように、また、口唇、舌を傷つけないように、当院ではラバーダム(薄いゴムシート)を装着して根管治療を施します。

ラバーダムとは、汚れや薬をガードするフィルム状のやわらかいゴムで、歯にかけて使用するものです。ラバーダムのおかげで薬がほかの部分に付着したり、粘膜を傷つけたりすることも防いでくれますので、治療の成功率が格段に高まります。ラバーダムは、根管治療において必要不可欠と言えます。


トップへ » 診療科目と料金 » 根管治療 » 治療中の事故を防ぐためにラバーダムを使用



TOPへ