トップへ » 診療科目と料金 » 根管治療 » 大切な歯を守るための「根管治療」

大切な歯を守るための「根管治療」

根管治療

「治療した歯がしみる」
「歯が激しく痛む」
「神経を取った歯が痛い」
「歯ぐきが腫れてきた」

歯を治療して数年経ってから、痛みや腫れを訴えたことはありませんか?これは、歯の神経が壊死したため、根の先に膿がたまって歯ぐきが腫れたため。かなり深刻化しているので、治療が困難なばかりか状態によっては歯を抜かなければなりません。こうした重篤化した歯を残すための処置が根管治療です。

大切な歯を守るためには努力を惜しみません。根管治療は、重篤化した歯を残すことができる、最後の砦です。抜歯しかないと言われた歯でも残せる可能性がありますので、諦めずにご相談ください。

徹底した根管処置で歯を守る根管治療
歯の根の先は複雑に分かれているため、根管治療は難易度の高い治療です。しかも肉眼で確認することができないため、根気と集中力がなければ確実な処置ができません。当院では、治療に集中するために、根管治療を行うときはほかの診療を入れません。

院長とアシスタントの2人態勢を組み、場合によっては、お口の中の唾液や汚れを吸い取るバキューム担当スタッフも加わります。万全の診療体制と確実な処置で、大切な歯をお守りいたします。

定期的なメインテナンスで治療後も安定した状態を保つ
根管治療のあと、根の状態が変化することがあります。痛みや腫れがなければ、気付かずにさらに悪化します。安定した状態を保つためにも、定期検診をおすすめしています。定期検診では、レントゲンで根の先の状態を確認し、必要に応じて処置をします。

また、お口全体の環境も整えますので、虫歯や歯周病の早期発見・治療につながります。定期検診を受けて、治療した歯を長持ちさせましょう。


トップへ » 診療科目と料金 » 根管治療 » 大切な歯を守るための「根管治療」



TOPへ