トップへ » 診療科目と料金 » 小児歯科 » 予防して、虫歯のないお子さまに育てましょう

予防して、虫歯のないお子さまに育てましょう

小児歯科虫歯のないお子さまに育てるには、予防がいちばんの近道です。永久歯に生え変わる頃までに、歯みがきの習慣を身につけましょう。とはいえ、小さなお子さまは、歯ブラシを上手に動かせずに磨き残しができてしまいます。最後の仕上げはご家族の方が手伝ってあげてください。

この仕上げ磨きが大切で、親の言うことを聞いてくれる小学校5、6年生まで(永久歯が生え揃ったときには)、ご家族の方が呪文のように"奥歯でも前歯でも頬っぺた側でも舌側でも、歯と歯の間、歯と歯ぐきの境目だよ"と言って磨いてあげてください。そうすればお子さまは、歯ブラシとフロスを併用して食物残渣なく磨ける習慣を身に付けることができるようになるでしょう。ご家庭で歯みがきの勘所を教育しましょう。

当院では正しい歯みがきの仕方が身につく、ブラッシング指導を行っています。歯ブラシの動かし方や力の入れ方、磨きにくい場所の磨き方などを指導していますので、お気軽にご来院ください。なお、歯の健康は食事と密接な関わりがあります。噛み応えのある食べ物やバランスの取れた食事は丈夫な歯を作りますので、食生活にも心がけてください。

定期検診にぜひお越しください
お子さまの歯はやわらかくて虫歯になりやすい特徴があります。虫歯を作らないためには、日頃から口腔内環境や生活習慣を整えておくことが大切です。

当院では、お子さまの歯を守るために、半年に一度の定期検診をおすすめしています。定期検診は、お子さまの歯の状態を確認して、必要に応じた処置をいたします。仕上げに歯質を強化するためのフッ素を塗布しますので、虫歯になりにくい歯を作ります。万が一虫歯があっても、早期発見・早期治療ができますので、怖がらずに治療が受けられます。


トップへ » 診療科目と料金 » 小児歯科 » 予防して、虫歯のないお子さまに育てましょう



TOPへ