トップへ » 症例集

左下6,7番 2歯欠損 インプラントにて修復

油野模型
左下6,7番 2歯欠損模型

インプラント
1ピースインプラント2本植立後

オールセラミッククラウン装着
オールセラミッククラウン装着 口腔内写真

左下臼歯4歯欠損 金属バネを使わないTUM義歯で修復 インプラント1本使用

左下6番 TUMアバットメント
左下6番に2ピースタイプのインプラントを植立後、TUMアバットメントをセットした模型


タムアバットメント

義歯を装着するところ
試適用部分入れ歯を模型に装着するところ

オーバーデンチャー
試適用部分入れ歯を模型に装着した状態、完成一歩手前の物

TUM義歯 咬合面観
TUM義歯完成形、咬合面観

TUM義歯 粘膜面観
TUM義歯完成形、粘膜面観

装着、頬側面観
ノンクラスプデンチャー装着、頬側面観、金属色無し。部分入れ歯が入っているとは誰も判らない。口腔内写真が別のケースで院長ブログに掲載してあります。ご覧ください。


舌側面観
ノンクラスプデンチャー装着、舌面観。
天然歯に少しでも噛み締めた時の力の大小による味わいの違いを感じられるように金属を一部使用して義歯からの咬合圧を伝える役目の物が見えます。外からは全く見えません。

クラスプの無い部分入れ歯(コーヌスクローネ)

コーヌスクローネ
右下大臼歯(6,7番)欠損。同側4,5番の歯牙に内冠を接着。その上に外冠と入れ歯部分を一体化させた物を内外冠の食い込みで義歯全体を保持しその場に留めておく。外す意思がない限り外れない構造になっている。

コーヌスクローネPD
4,5番に外冠6,7番に部分入れ歯それぞれが一体となったバネのないコーヌスクローネ部分入れ歯が入った状態。

左上2番欠損、両隣接歯健全歯

左上2番欠損のサムネール画像
欠損部の模型。両隣在歯は健全歯でエナメル質を削除したくなく、咬合の面からも現状を保存したいためインプラントを選択。歯槽骨と歯軸の関係から2ピース法の人工歯根を選択。


左上2番欠損 インプラント後のサムネール画像
インプラント植立後の模型

補綴後のサムネール画像
冠を装着後の模型


トップへ » 症例集



TOPへ