トップへ » インプラント体の種類

インプラント体の種類

インプラント治療インプラント体には、ワンピース一体型とツーピース型の2種類があります。それぞれに特徴がありますので、症例や症状に合わせて使い分けています。

当院では、できるだけシンプルな治療を心がけていますので、主にワンピース一体型のAQBインプラントを使用しています。ただし、欠損した歯が多い場合や前歯は、ツーピース型を使う場合もあります。

タイプ ワンピース一体型 ツーピース型
特徴 インプラント体とアバットが一体となったタイプ。主に奥歯や埋入する本数が少ない場合に使用。 インプラント体とアバットメントのセパレートタイプ。主に前歯や本数が多い場合に使用。
メリット 治療費用を抑えられる 費用が高額になる
デメリット 対応症例に限りがある ほぼすべての症例に対応


トップへ » インプラント体の種類



TOPへ