トップへ » 歯を失ったときの治療法

歯を失ったときの治療法

歯を失ったときの治療法には「インプラント」「ブリッジ」「入れ歯」「何もしない」の4種類があります。これらは、保険が適用できるものと自由診療とがあり、治療内容が異なります。

インプラント
インプラント
人工歯根を移植して人工の歯を装着する方法。歯を支える歯根から回復するので、安定性に優れ、天然の歯のような安定感がありますが、手術が必要で治療費が高額になります。
ブリッジ
ブリッジ
失われた歯の両隣を土台にし、橋をかけるようにして人工歯を被せる治療法。健康な歯を削らなければならず、土台となる歯の寿命を縮める恐れがあります。
入れ歯
入れ歯
一般的な治療法で、歯を削らず、取り外しができる方法です。ただし、歯にバネをかけて固定させるため、咀しゃく力や安定性に欠けるといったデメリットがあります。
何もしない そのまま放置する方法です。噛み合わせのバランスが崩れ、口腔内や全身に悪い影響を与える恐れがあるため、おすすめできません。


トップへ » 歯を失ったときの治療法



TOPへ