トップへ » 院長あいさつ

院長挨拶

院長あいさつ

こんにちは。小原歯科医院の院長、小原です。

当院は、縁あって兵庫県・西宮市に開院して以来、地域の皆さまと交流をはぐくみ、地元に根ざした診療を行ってまいりました。1995年1月17日、阪神淡路大地震が発生し、今まで暮らしていた方がこの地を去りましたが、新たな人々が移転してきて、今ではすっかり活気を取り戻しています。

街は様変わりしてしまいましたが、今でも商店街の皆さまに可愛がっていただき、ご紹介の方々も増えています。感謝の念に堪えません。皆さまの信頼を裏切らないためにも、患者さんの歯の健康をお守りするために、最善の努力をいたします。歯に関してお困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

わかりましたと言われるまで説明します

院長あいさつ西宮市には、たくさんの歯科医院があります。患者さんは、数多い中から当院を選んで来てくださっているので、その信頼を無駄にしたくはありません。当院は、患者さんが納得できる治療を提供するために、どんな小さなことでも説明するように心がけています。

時には、しつこいと思われる方もいらっしゃるでしょう。しかし、中途半端な状態で治療を進めてしまうと、必ずあとから不満が出ます。安心して治療を受けていただくためにも、ご理解いただけるまで何度でも説明します。

患者さんから「今まで、こんなに丁寧に説明してもらったことはなかった」と言われることが少なくありません。お互い納得できる治療を目指していますので、疑問や不安がある方は、遠慮せずにお話しください。

患者さんのお口が、勝手に喋り出す!

院長あいさつ長年診療を続けていると、患者さんがお口を開けた途端に、何をしなければならないのかが伝わってきます。それは、まるで歯が勝手に喋り出すかのよう。お口の中に汚れが溜まっていると、「お手入れをサボっとったから、歯みがきの仕方を教えてやってや」と語り出し、ブラッシング指導を訴えてきます。

私たち歯科医師は、歯を守るために治療や予防処置を施しますが、その後も長持ちさせるには、やはりご自身の努力が欠かせません。それには、毎日の歯みがきが重要です。当院では、ブラッシング指導をとおして予防の大切さをお伝えしています。お口の中の状態が安定するまでご指導いたしますので、ご自分の手で大切な歯を守りましょう。

患者さんからの「ありがとうね」その言葉がいちばんの励みです

院長あいさつ私は金沢生まれですが、たまたま親戚が兵庫におりましたので、この地で開院することとなりました。やってきた当初は、右も左もわからずに何かと不安なことばかりでしたが、積極的に地域の方と交流を図ってきましたので、すっかりこの地に溶け込んでしまいました(笑)。

西宮市の皆さまは、温かくて親しみやすい方が多いですね。診察が終わると、必ず「先生、ありがとうね」とおっしゃってから帰られます。私が院長室に戻ってしまうと、わざわざお礼を言いに来られるんです。そんなときは、患者さんとの距離が身近に感じられて、素直にうれしく感じます。

最近では、私の体を気遣って「先生、長生きしてや」「病気にならんでおってな」と声をかけてくださる方も増えてきました。そんな地域の皆さまの温かさや親しみやすさがあったからこそ、私は何年も診療を続けてこれたのだと思います。

歯を長持ちさせるためにも、歯医者さんに行きましょう!

院長あいさつ他院で診断を受けて疑問を持たれたとき、あるいは治療内容に不安があるときは、お気軽にご相談ください。当院ではセカンドオピニオンを実施していますので、遠慮せずにご来院ください。

歯科治療は、歯科医師と患者さんの信頼関係が重要だと考えておりますので、万が一、治療方針に納得できなければ、相談だけでも差し支えありません。しかし、治療を受けずに放置していると、歯を失ってしまいます。ご自身が信頼できると思う歯医者さんでしたらどこでもいいので、きちんと歯を治して、長持ちさせましょう!

院長プロフィール

院長あいさつ小原歯科医院 院長 小原 秀俊

【略歴】
      大阪明星学園明星高等学校 卒業
1977年3月 東京歯科大学 卒業
1977年3月 歯科医師国家試験 合格
      東京歯科大学市川総合病院 勤務
      東京都新宿区、大阪市阿倍野区の個人開業医院 勤務
1980年   小原歯科医院開業


トップへ » 院長あいさつ



TOPへ